法律と税務の事ならプロの専門家のサポートを受けてスムーズに

PICK UP

  • 税金のプロ

    税務申告書などの税金に関する知識が必要とされます。特に東京や大阪といったビジネスの拠点となるエリアにおいては税理士の需要も高いと言われています。インターネットを利用して気軽に相談できる事務所などもあります。

  • 清算手続きには

    会社精算をせざるを得ない状況になった場合は、弁護士や司法書士といった専門職が清算人として専任されます。倒産ギリギリまで粘るという企業は少なく、今では経営者が早めに会社精算の道を選ぶケースも増えています。

社団法人をつくる

夫婦間トラブルを解決してもらいたい!離婚相談を大阪で相談するなら、ココがオススメです。ココなら、初回の相談は無料となっています。

慰謝料を受け取りたい場合、交通事故は弁護士に大阪で相談するのが最適です。後遺症の有無なども相談するのが最適でしょう。

一般社団法人を設立するときに気をつけること

 一般社団法人設立は目的があって活動を行いたいけれどお金があまりないという場合に最適です。企業を立ち上げるよりも少ない値段で自分たちのペースで活動できるメリットがあり、一般社団法人設立を目指す人は一定数います。 ただし、一般社団法人設立に当たっては気をつけることも存在します。 まず活動していくにおいては代表の他最低で構成員となる人を2名以上必要とする点が挙げられます。法人を立ち上げてから1人が離れ代表と構成員1人づつの2人になる分には活動は認められますが、代表のみの場合は解散ということになることを注意しておく必要があります。 また、企業を興すことと違い一般社団法人は利益の分配については制限があることも留意しておきます。

設立にあたってのメリットと豆知識

 一般社団法人設立にあたっては活動方針と長期的な事業展開計画をきちんと固めておいてから活動を行うと良いです。 一般社団法人はそれだけでは公益性があるというようには認めづらい面があります。その代わり、一般社団法人にはメリットもたくさんあります。まず活動内容について問われることが少ないということは大きなメリットの一つです。 次に、設立にあたっての手続きが非常に簡素化されています。行うことは法務局の登記と公証役場の定款認証のみとなっています。ですので、多少の料金を支払った上で目的が一致した構成員が少しいれば、手軽に一般社団法人を設立できることになります。 活動を行った上で公益社団の認定が認められた場合においては公益社団法人として活動することができます。

夫婦関係修復に特化している相談室がこちらです。電話をするだけでアドバイスをもらうことができます!離婚回避したい方必見。

会社の解散などに必要な手続きを代行してくれるサービスがありますよ。まずは相談してみる事が大切です。コチラがオススメですよ!

あなたの再出発をお手伝いします。会社清算のご相談なら、経験豊富な弁護士がいる当事務所へおまかせください。

TOPICS

  • 税務のプロ

    税金の仕組みはなかなか一般の人では難しい部分も多いです。自営業を営む人意外でも、申告が必要になる可能性があり、その際に助けになるのが税務のプロフェッショナルである税務士です。